小野木常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野木常(おのぎ つね/じょう、1909年2月21日-1991年2月19日[1])は、日本の法学者。

大阪市出身。京都帝国大学法学部卒、1947年「和議制度の研究」で京大法学博士広島地方裁判所検事局検事、京都帝大法学部助教授、京都大学法学部教授、大阪大学法学部教授兼任(のち阪大専任)、1971年定年退官、名誉教授[2]。財産法専門。

著書[編集]

  • 『強制執行法概論』弘文堂 1938
  • 『破産理論の研究』弘文堂 1938
  • 『破産法・和議法・非訟事件手続法』三笠書房 法律学全書 1939
  • 『破産法概論』弘文堂 1940
  • 『和議制度の研究』有斐閣 1941
  • 『調停法概説』有斐閣 1942
  • 『独逸民事訴訟法 第3 強制執行乃至仲裁手続』有斐閣 1942
  • 『破産法・和議法非訟事件手続法』三笠書房 新法律学全書 1942
  • 『強制執行法及破産法講義』臼井書房 1948
  • 『民事訴訟法及調停法講義』臼井書房 1949
  • 『民事訴訟法』有信堂高文社 1949
  • 『破産法』有信堂 1950
  • 『民事訴訟法講義』有斐閣 1951
  • 『強制執行法・破産法講義』有斐閣 1951
  • 『訴訟法の諸問題』有信堂 1952
  • 『強制執行法概論』酒井書店 1957
  • 『破産法概論』酒井書店 1957
  • 『訴権論序説』有斐閣 1959
  • 『法と裁判』丸善出版サービスセンター (製作) 1979

共著[編集]

  • 『民事訴訟法講義 増補版』中野貞一郎共著 有斐閣 1956
  • 『強制執行法・破産法講義 増補版』中野貞一郎共著 有斐閣 1957

翻訳[編集]

  • 『独逸民事訴訟法 第2 上訟乃至督促手続』(斎藤常三郎共著) 現代外国法典叢書 有斐閣 1937-1942
第3 強制執行乃至仲裁手続 現代外国法典叢書』有斐閣 1937-1942
  • エリッヒ・ブライ『訴権と法的利益』山口書店 1943
  • マックス・ウェーバー『法社会学』編訳 日本評論新社 原典法学叢書 1958-59
  • アルトゥール・エンゲルマン『民事訴訟法概史』中野貞一郎共編訳 信山社 2007
記念論集

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 小野木常先生略歴・主要著作目録『阪大法学』1971-03