小西敏正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小西敏正(こにしとしまさ、1943年5月24日-)は建築家、宇都宮大学名誉教授。

経歴[編集]

東京生まれ。1943年、東京工業大学建築学科を卒業、大学院に進み、1974年東京工業大学助手、1981年宇都宮大学助教授、1990年同教授に就任、2009年定年退職し宇都宮大学名誉教授、2012年4月-2015年3月札幌市立大学 特任教授、建築環境デザイン研究所524代表。

1989年“樹脂注入工法による鉄筋コンクリート造ひびわれ補修”により「第17回セメント協会論文賞」を受賞。1997年“材料・構法・デザインの中間領域に立脚した研究”により「日本建築仕上学会 論文賞」を受賞。

著書[編集]

  • 健康のための住まいづくり1986年彰国社
  • 知っておきたいインテリア材料の話1993年彰国社
  • 平成日本らしさ宣言2009年講談社

作品[編集]

  • TWO PAIRS HOUSE 2002年都市住宅
  • 屋根に舞い降りたUFO1986年ディテール

外部リンク[編集]

[1]