小築海島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小築海島
Kozukumi Island.jpg
菅島の大山から望む小築海島
座標 北緯34度32分56秒 東経136度55分29秒 / 北緯34.54889度 東経136.92472度 / 34.54889; 136.92472
面積 41 km²
海岸線長 0.312 km
所在海域 伊勢湾
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示

小築海島(こづくみじま 英語:Kozukumijima)は、三重県鳥羽市にある無人島(離島)である。答志島を北上したところにある。周辺は禁漁地区に指定されており、観光船以外は立ち寄ることが出来ない。島全体が伊勢志摩国立公園の特別地域、海域がその普通地域の指定を受けている[1]

概要[編集]

古くから秘境の島と位置づけられており、神社らしき祠や石の祭壇が祭られている。毎年この島では祭りがあり、7月11日だけ地元の漁師が島に入れる。中には八幡神社と呼ばれる神社があり、供える食物を漁師が採るという。島の近くには洞窟があり、その洞窟は「9人ぼうら」と呼ばれている。名称は遭難者9人がこの洞窟で発見されたからである。

普段は禁漁区に指定されており、漁師も近づくことができない。最高点の標高は41 m。答志島との間には、無人島の大中山島と大築海島がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊勢志摩国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省自然環境局. 2015年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]