小笠原長勝 (華族)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原 長勝(おがさわら ながかつ、1919年大正8年)11月18日 - 1994年平成6年)1月3日)は、小笠原子爵家(忠知系小笠原家)の15代当主。

略歴[編集]

幕末老中小笠原長行の子である小笠原長生の四男。母は、元前橋藩主・伯爵松平直方の長女の秀子。兄弟には、長兄・長隆(小笠原明峰)、次兄・長英(小笠原章二郎)、三兄長孝(父より先に家督相続前に没)ら。妻は啓子。

1994年、74歳で死去した。法名は、穏静院殿飛高日勝大居士。墓所は、世田谷区北烏山、日蓮宗妙祐山幸龍寺。