小田朝興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小田朝興
時代 戦国時代
別名 助三郎、創三郎、助五郎、家時、朝真、宗長
官位 伊賀守
主君 後北条氏
氏族 成田氏武蔵小田氏
父母 成田親泰小田顕家
兄弟 成田長泰朝興成田泰季
テンプレートを表示

小田 朝興(おだ ともおき)は戦国時代の武将。

成田氏から武蔵小田氏の小田顕家の養子に入り私市城城主となる。永禄6年(1563年上杉輝虎に私市城を攻められ落城した。