小田剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田 剛(おだ たけし、1948年 - )は、国文学者。 京都市生まれ。神戸大学大学院文学研究科修士課程(国文学専攻)修了。京都府立桂高等学校教諭、92年京都府立向陽高等学校教諭、2004年京都府立乙訓高等学校教諭、2010年大阪府立交野高等学校非常勤講師、2011年龍谷大学仏教文化研究所客員研究員。専攻は中世和歌文学。

著書[編集]

  • 式子内親王全歌注釈』和泉書院 1995 ISBN 978-4787968029
  • 守覚法親王全歌注釈』和泉書院 2001
  • 小侍従全歌注釈』和泉書院 2004
  • 二条院讃岐全歌注釈』和泉書院 2007 
  • 『定家正治百首、御室五十首、院五十首注釈』和泉書院 2009
  • 『実国・師光全歌注釈』思文閣出版 2009
  • 『定家早率、重早率、十題百首注釈』和泉書院 2010
  • 『定家初学百首、韻歌百二十八首、千五百番歌合百首、内大臣家百首注釈』武蔵野書院 2012
  • 『式子内親王 その生涯と和歌』2012 新典社選書  

参考[編集]

  • 勤務校の変遷はCinii論文で確認した。