小湊潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小湊 潔(こみなと きよし、1893年明治26年)- 1974年昭和49年)[1])は、日本の化学者理研化学工業社長。

経歴[編集]

茨城県水戸市生まれ。1914年茨城県立工業学校応用化学科卒、17年上田蚕糸専門学校製糸科卒、満鉄中央試験所勤務、志賀潔に見出され、京城医学専門学校助教授、1927年京都帝国大学農学部入学。30年卒業、36年にんにくの無臭有効成分をスコルヂニンと命名。40年日生化学研究所を設立。1953年「「にんにく」の生化学的研究」で京大農学博士紫綬褒章勲三等瑞宝章受勲。理研化学工業社長。「にんにく博士」として知られた。

次男の小湊壌(ゆずる、1940 - )はのち理研化学工業社長。

著書[編集]

  • 『にんにくの神秘』叢文社、1972
  • 『にんにく新発見 にんにくの神秘・続編』小湊壌、西村昇二共著、叢文社、1986 

参考[編集]

  • 『にんにくの神秘』著者紹介 
  • 『人物物故大年表』
  • 『人事興信録』

[編集]

  1. ^ 国会図書館では1972年没だが、『人物物故大年表』では74年没。