小浜行隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小浜 行隆(おはま ゆきたか、貞享元年(1684年) - 宝暦3年12月3日1753年11月27日))は、江戸時代旗本小浜広隆の子。母は安部信之の娘。民松、孫三郎。兄に亀之助、姉に大久保忠明室(のちに離縁)。室は内田正衆の娘(のちに離縁)。子女に民松(早世)、小浜矩隆室(のちに離縁)、小浜季隆高力長貫高力長行養子)、坪内定孝室、助吉、小浜朝隆永見為章室(のちに離縁)、仙石状久仙石久住養子)、ほかに女子1人。

宝永2年(1705年)父の広隆が没し家督を継ぎ、同年摂津国の領地を越後国蒲原郡内6,000石に移され、知行所を沢海に置く。享保9年(1724年)3月15日大坂御船手となり、同年布衣を着ることを許される。享保14年(1729年)3月29日職を辞する。享保15年12月3日隠居し家督を子の小浜季隆に譲り、宝暦3年(1753年)70歳で没した。法名は無三。墓所は、東京都文京区駒込の吉祥寺。子孫はのちに4,000石となるが、幕末に至るまで存続した。

参考文献[編集]