小椋広勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小椋 広勝(おぐら ひろかつ、1902年11月19日 - 1968年11月6日)は、日本経済学者東京出身。東京商科大学(現在の一橋大学)卒。共産党系の文化団体・プロ科で活動しつつ法政大学商業学校(現在の法政大学中学高等学校の前身のひとつ)で教えるが、1928年三・一五事件で検挙され退職。1937年同盟通信社に入社。戦後はレッドパージにあい、世界経済研究所理事、1959年立命館大学教授。在職中に死去。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 国際問題用語人名辞典 岡倉古志郎共編 1951. 青木文庫
  • 世界現代史事典 岡倉古志郎共編 合同出版社, 1958. 合同新書
  • 現代資本主義の循環と恐慌 編 岩波書店, 1969.
  • 戦争と経済 島恭彦共責任編集 雄渾社, 1973. 戦争と平和シリーズ

翻訳[編集]

外部リンク[編集]