小林正次 (戦国武将)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小林正次
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文21年(1552年
死没 元和9年9月28日1623年11月20日
別名 平次郎、平左衛門、勝之助
戒名 道光
墓所 福寿院(東京都新宿区
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
氏族 小林氏(称・桓武平氏
父母 小林重正
兄弟 重直正次正時正忠正吉重成加藤景親室、神尾江右衛門室
山田但馬の娘
正直宗次正重正倫正吉正村、正信、女子、小林重勝室、横山正次室、
テンプレートを表示

小林 正次(こばやし まさつぐ)は、戦国時代武将徳川家康の家臣。

略歴[編集]

永禄7年(1564年)から小姓として徳川家康に出仕し、同年の上和田の戦い、永禄12年(1569年掛川城攻めで戦功を立てる。特に後者では敵中に逃げ遅れた味方を単騎救出し、本多忠勝水野忠重に称賛されている。のち姉川の戦い三方ヶ原の戦い長篠の戦いなどに従軍し、その後も駿河遠江平定の合戦に転戦した。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いでも武功を立て、天正18年(1590年小田原征伐では井伊直政の配下として従軍し、井伊隊の篠曲輪攻めで奮戦し、直政から「人鬼」と称賛された。その後、軍令違反を犯すが、代々の功績を重んじられて一時的な隠居処分となった。慶長19年(1614年大坂冬の陣では徳川秀忠の槍奉行として従軍。翌年の夏の陣にも従い、その戦功により武蔵入間多摩郡内に500石を領した。

参考文献[編集]