小林孝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林孝三郎(こばやし こうざぶろう、1897年6月29日 - 1995年7月22日)は、茨城県岩井市生まれの実業家であり、コーセーの創設者である。

長男は第2代社長の小林禮次郎、三男は第3代社長の小林保清。孫は第4代社長の小林一俊

略歴[編集]

  • 1946年 - 小林合名会社設立、コーセー化粧品の製造・販売をスタート。
  • 1948年 - 小林コーセー設立、代表取締役社長就任。
  • 1951年 - コーセー商事会社設立。
  • 1956年 - 株式会社アルビオン設立。
  • 1965年 - 株式会社アルビオン代表取締役会長就任。
  • 1981年 - 小林コーセー代表取締役会長就任。
  • 1991年 - 社名をコーセーに変更。
  • 1995年 - コーセー名誉会長就任。

外部リンク[編集]