小林一穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 一穂(こばやし かずほ、1951年- )は、日本社会学者東北大学教授。農業社会学専攻。

栃木県生まれ。1975年東北大学文学部卒業。1981年同大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。同年東北大学文学部助手。1987年三育学院短期大学助教授。1989年大阪外国語大学助教授。1993年東北大学情報科学研究科助教授。2003年同教授[1]。2000年「稲作生産組織と営農志向」で東北大学博士文学)。

著書[編集]

  • 『稲作生産組織と営農志向』多賀出版 1999
  • 『イデオロギー論の基礎』創風社 2003
  • 『イデオロギー批判の視角』創風社 2011
  • 『社会をとらえる』創風社 2013

共編著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『社会をとらえる』著者紹介

外部リンク[編集]