小林キュウテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 キュウテン(こばやし きゅうてん、1966年9月30日 - )は、日本のジムカーナレーシングドライバー、地方公務員(静岡市職員)。静岡県静岡市葵区出身。 工学院大学出身で一級建築士


プロフィール[編集]

ニックネーム[編集]

小林キュウテンは小学校からのニックネームで本名は小林久展(ひさのぶ)という。 座右の銘の「永久発展」は名前が所以。

生い立ち[編集]

7歳上の姉が自動車教習をする為に父親と広場に行き練習している時に 教習所に通う姉より上手く運転してみせたのが自動車運転の初体験。 この時小学5年生。本人は「英才教育」であると語る。

略歴[編集]

学生の時にアルバイトで貯めて購入したMR2(AW11)でジムカーナを始めるが ライバル達が新型MR2(SW20)に乗り換える中、思い出の多いマシンを手放す事 ができず、93年にナンバー付き車両をCⅡクラスマシンに改良し、14年間同じマシンに乗り続けた。 2001年のJAFCUPでは、その愛車を予選で大破させ、決勝はレンタルマシンで 全日本格のレースで初優勝を遂げる。その快挙が知名度を上げフォーミュラカーマシン(Dクラス) に乗る事になった。 02年からフォーミュラ・スズキ隼に乗り、連勝中のスズキスポーツ隼(ワークス) に対抗意識を燃やし「打倒ワークス」を掲げる熱い走りでファンも多い。 04年のスズキスポーツ隼(ワークス)との勝敗は3勝5敗。 05年からのワークス撤退により5年連続全日本チャンピオンになっている。 カートを経験していない本格派のフォーミュラカードライバーは珍しい存在。


好きな食べ物「チョコバット」 好きな言葉「愛、そして信頼」 好きな色「ピンク」

今後の目標:筋力アップ

エピソード[編集]

95年広島スポーツランドTAMADAで開催された全日本ジムカーナを盲腸を患いながら参加し、 ゴール後パルクフェルメで鼻血が止まらなくなり、病院へ緊急搬送。 それ以来、中国地区のアナウンサーには「鼻血ブー」の愛称をつけられている。


戦歴[編集]

  • 1988年 ジムカーナ静岡県シリーズに参加
  • 1990年 静岡県シリーズ 第2位
  • 1991年 静岡県シリーズ 第2位
  • 1993年 全日本に初参戦  シリーズCⅢクラス 8位
  • 1994年 全日本ジムカーナ シリーズCⅢクラス 3位
  • 1995年 全日本ジムカーナ シリーズCⅢクラス 3位
  • 1996年 全日本ジムカーナ シリーズCⅡクラス 7位
  • 2000年 JAFCUPジムカーナin伊那  CⅡクラス 2位
  • 2001年 JAFCUPジムカーナ浅間台  CⅡクラス 優勝(BNR32)
  • 2002年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 5位
  • 2003年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 2位
  • 2004年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 2位
  • 2005年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位
  • 2006年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位
  • 2007年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位
  • 2008年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位
  • 2009年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位
  • 2010年 全日本ジムカーナ 前半不出場ながら 3位
  • 2011年 全日本ジムカーナ シリーズDクラス 1位

外部リンク[編集]