小弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小弁(こべん、生没年不詳)は、平安時代後期の女流歌人祐子内親王家小弁(ゆうしないしんのうけのこべん)・一宮小弁(いちのみやのこべん)・宮の小弁(みやのこべん)とも呼ばれる。祐子内親王家紀伊の母。

藤原南家巨勢麻呂流の正五位下越前藤原懐尹の娘で、母は越前守源致書[1]とされる。高倉一宮こと祐子内親王 (後朱雀天皇皇女)に仕えた。

長元5年(1032年上東門院菊合・長久2年(1041年源大納言歌合永承4年(1049年六条斎院歌合・永承5年(1050年)祐子内親王家歌合などの歌合に出詠し、また物語『岩垣沼の中将』(いわがきぬまのちゅうじょう)[2]を著して天喜3年(1055年)六条前斎院(禖子内親王)物語歌合に提出している。また源経信から歌を贈られたことがある。

著書には前述の物語『岩垣沼の中将』の他、家集[3]もあったが、いずれも散逸して伝わらない。『後拾遺和歌集』以降の勅撰和歌集に47首入集している。

娘である祐子内親王家紀伊の父親については、散位平経重[4]あるいは従五位上民部大輔平経方[5]と言われるが、定説はない。

  • 山桜心のままにたづねきてかへさぞ道のほどは知らるる(後拾遺和歌集91)
  • ひきすつる岩垣沼のあやめ草おもひしらずも今日にあふかな(後拾遺和歌集875)
  • さ夜ふけて衣うつなり我ならでまだ寝ぬ人はあらじと思ふに(玉葉和歌集757)

脚注[編集]

  1. ^ 後拾遺集勘物より。
  2. ^ 『岩垣沼』とも。散逸物語。
  3. ^ 夫木抄などに記述がある。
  4. ^ 勅撰作者部類による。
  5. ^ 尊卑分脈による。

参考文献[編集]