小倉富三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉 富三郎(おぐら とみさぶろう、1815年文化12年) - 1870年10月9日明治3年9月15日))は、徳島藩士。徳島藩学館管事。

生涯[編集]

佐古萬年山(現在の眉山)の御墓山番、槍術師範を務める。1869年明治2年)四等学館管事に任命。

1870年(明治3年)、徳島藩の筆頭家老である稲田家の分藩運動が起こり、庚午事変に関わった為、同年9月15日東京都芝白金の藩邸で新居水竹と共に切腹する。これが日本法制史上、最後の切腹刑とされる。

関連項目[編集]