小俣光文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小俣 光文(おまた みつふみ、1965年 - )は、日本会計学者公認会計士明治大学経営学部教授。

略歴[編集]

山梨県出身。1988年慶應義塾大学商学部を卒業後、監査法人朝日新和会計社(現:あずさ監査法人)に勤務[1]。 1992年同社を退職し、同年早稲田大学大学院商学研究科修士課程へ進学し、1994年修士課程修了。1996年同大学院同研究科博士後期課程へ進み、1999年単位取得満期退学[2]

明海大学経済学部専任講師、助教授を経て、2006年東京経済大学経営学部助教授、2007年教授。2011年明治大学経営学部准教授、教授。

著書[編集]

分担執筆[編集]

  • (塩原一郎)『現代会計』(創成社, 2004年)
  • (藤沼亜起)『会計プロフェッションの職業倫理』(同文館出版, 2012年)
  • (八田進二)『開示不正』(白桃書房, 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 『IKUEI NEWS』 vol.77
  2. ^ 小俣 光文 - 明治大学教員データベース