小佐手信房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小佐手信房
時代 戦国時代末期-江戸時代初期
生誕 永禄8年(1565年
死没 寛永5年1月23日1628年2月27日
別名 新八郎[1]
戒名 日隆[1]
墓所 牛込清隆寺[1]
主君 武田勝頼徳川家康
氏族 小佐手氏
父母 父:小佐手信広[1]
青沼昌平[1]
信吉信家信次[1]
テンプレートを表示

小佐手 信房(おさて のぶふさ)は、戦国時代末期から江戸時代初期の武将。はじめ甲斐武田氏、のち徳川家家臣

経歴・人物[編集]

はじめ武田勝頼に仕えるが、武田家没落後浪人となる[1]天正18年(1590年)に徳川家康に拝謁し、蔵米200俵を賜う[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 寛政重修諸家譜』巻第百四十九