小中野ぜんそく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小中野ぜんそく(こなかのぜんそく)は、青森県八戸市1965年前後にかけて発生した大気汚染による集団喘息障害である。

原因[編集]

八戸市の急激な工業化で、工場の排煙処理施設が未整備だったことで発生した大気汚染。

症状[編集]

せきたんがでて息苦しくなる。

事件の流れ[編集]

1965年頃からの工業化によって大気汚染が発生し、八戸市小中野地区の一部で、せきやタンが出るといった息苦しいなどの症状を訴えがではじめる。八戸市は公害調査をした結果、小中野地区の一部で高度の大気汚染があったこと、また繰り返し行われた健康調査でも呼吸器疾患の有疾率が高いことが実証された。 このことから「小中野ぜんそく」と命名された。

対策[編集]

1977年(昭和52年)から救済制度が実施されるようになった。このなかには気管支ぜんそく、慢性気管支炎、ぜんそく性気管支炎、肺気腫などがあり、これらをふくめて小中野ぜんそくと称していた。

参考文献[編集]

  • 楠美鐵二(1981)「青森県百科事典」東奥日報社