尊光法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尊光法親王(そんこうほうしんのう、正保2年9月29日1645年11月17日) - 延宝8年1月6日1680年2月6日))は、 江戸時代法親王知恩院 宮門跡第2代。栄宮と称す。後水尾天皇の第12皇子、母は四辻大納言季継の女、中納言局藤原継子

略歴[編集]

慶安4年(1651年)2月徳川家光猶子となり知恩院に入室。承応3年(1654年)4月6日親王宣下。御名良賢を賜る。明暦2年(1656年)5月8日知恩院第35世勝譽旧応を戒師として入室得度し、同年7月1日改衣。寛文2年(1662年)研学のために関東へ下向し、増上寺頓譽知哲より受法。寛文6年(1666年)8月11日父・後水尾上皇に一枚起請文を講ずる。延宝7年(1679年)11月10日二品に叙せられた。無量威院宮大蓮社超譽勝阿神竜尊光大和尚と号す。