四辻季継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
四辻季継
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正9年(1581年
死没 寛永16年5月20日1639年6月21日
改名 高倉範遠(初名)→四辻季継
官位 正二位権大納言
氏族 高倉家四辻家
父母 父:四辻公遠、養父:四辻季満
兄弟 桂岩院上杉景勝側室)、鷲尾隆尚
小倉季藤季継猪熊教利藪嗣良
猪熊季光与津子後水尾天皇典侍
公理本誓寺宣継[1]
継子(後水尾天皇典侍)
テンプレートを表示

四辻 季継(よつつじ すえつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公卿権大納言四辻公遠の次男。官位は正二位・権大納言。四辻家14代当主。

生涯[編集]

天正13年(1585年)叙爵。天正16年(1588年)12月元服し、高倉範国の横死により当時絶家となっていた高倉家を相続、名を範遠と改め、侍従となる。しかし、天正19年(1591年)に四辻家の嫡子であった兄・季満(後の鷲尾隆尚)が勅勘を蒙り出奔したため、実家の四辻家に戻り、名を季継に改めた。高倉家は弟・嗣良が継承し、嗣良の代に家名を藪としている。慶長14年(1609年)正四位下、慶長17年(1612年参議、慶長18年(1613年)従三位。

元和5年(1619年)、2代将軍・徳川秀忠の五女・和子の入内準備の中、妹・与津子が前年に後水尾天皇の皇子(賀茂宮)を産み、さらに皇女(文智女王)を産んだ事から、兄である季継は弟の嗣良と共に豊後国に配流となった(およつ御寮人事件)。翌年、大赦により復帰。元和10年(1624年)正二位、寛永3年(1626年)権大納言。寛永16年(1639年)5月20日、59歳で薨去。

脚注[編集]

  1. ^ 本誓寺宣英の養子。

出典[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』、吉川弘文館、2010年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
先代:
四辻季満
四辻家当主
14代
次代:
四辻公理