寺田員人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺田員人
研究分野 歯科矯正学
研究機関 新潟大学日本歯科大学
出身校 日本歯科大学新潟大学
プロジェクト:人物伝

寺田 員人(てらだ かずと、1956年3月 - )は、日本歯学者日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授。

経歴[編集]

1980年日本歯科大学新潟歯学部卒業、同大学助手を経て1986年新潟大学大学院修了[1]。以後新潟大学助手、講師、助教授を経て2006年日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授に就任[1]

1986年 新潟大学より 歯学博士号を得る。論文の題は「High pull chin capとposterior bite block併用時に下顎骨に現れる応力分布について : 最適形状決定法によるhigh pull chin capとposterior bite blockの併用時に生じる下顎骨形態変化の検討」[2]

著書[編集]

  • 花田晃治、寺田員人 他『顔から学ぶ』新潟大学大学院医歯学総合研究科ブックレット新潟大学編集委員会、新潟日報事業社〈ブックレット新潟大学25〉、2004年2月20日。ISBN 978-4861320248NCID BA66028172
  • 花田晃治、寺田員人「第3章 臨床現場におけるリハビリメイクの実践 医療の一部となりうるリハビリメイク―口唇裂口蓋裂の患者さんの社会復帰の観点から―」『デンタル・メディカルスタッフのためのリハビリメイク入門』かづきれいこ田上順次医歯薬出版、2004年10月。ISBN 978-4-263-44183-1NCID BA69716229
  • 寺田員人「III編 治療学 18章 永久歯列期の治療 II 下顎前突」『歯科矯正学』相馬邦道飯田順一郎山本照子葛西一貴後藤滋巳医歯薬出版、2008年3月25日、第5版。ISBN 978-4-263-45615-6
  • 新井一仁石川博之北井則行後藤滋巳清水典佳、寺田員人、中村芳樹福井和徳槇宏太郎松本尚之三浦廣行溝口到山田一尋『新しい歯科矯正学』永末書店、2012年3月24日、第3版。ISBN 978-4-8160-1240-2

所属団体[編集]

学職
先代:
亀田晃
1977年-
日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授
2006年 -
次代:
(現職)
先代:
森山啓司
第15回
2010年
東京医科歯科大学
日本顔学会大会 大会長
第16回
2011年
日本歯科大学新潟生命歯学部
次代:
村上伸一
第17回
2012年
東京電機大学
先代:
齊藤功
第27回
2012年
新潟県歯科医師会館
甲北信越矯正歯科学会大会 大会長
第28回
2013年
日本歯科大学新潟生命歯学部
次代:

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 研究者情報”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2011年1月10日). 2013年3月19日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 矯正歯科学会認定医・専門医名簿”. 日本矯正歯科学会. 2013年3月19日閲覧。
  4. ^ 会則・役員”. 甲北信越矯正歯科学会. 2013年3月19日閲覧。
  5. ^ 役員”. 美術解剖学会. 2013年3月19日閲覧。
  6. ^ 平成24年度役員構成(理事/理事補佐) (PDF)”. 日本顔学会. 2013年3月19日閲覧。
  7. ^ 役員一覧”. リハビリメイク協会. 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ オープンハートの会概要”. オープンハートの会. 2013年3月19日閲覧。