寺田員人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺田員人
研究分野 歯科矯正学
研究機関 新潟大学日本歯科大学
出身校 日本歯科大学新潟大学
プロジェクト:人物伝

寺田 員人(てらだ かずと、1956年3月 - )は、日本歯学者日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授。

経歴[編集]

1980年日本歯科大学新潟歯学部卒業、同大学助手を経て1986年新潟大学大学院修了[1]。以後新潟大学助手、講師、助教授を経て2006年日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授に就任[1]

1986年 新潟大学より 歯学博士号を得る。論文の題は「High pull chin capとposterior bite block併用時に下顎骨に現れる応力分布について : 最適形状決定法によるhigh pull chin capとposterior bite blockの併用時に生じる下顎骨形態変化の検討」[2]

著書[編集]

所属団体[編集]

学職
先代:
亀田晃
1977年-
日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座教授
2006年 -
次代:
(現職)
先代:
森山啓司
第15回
2010年
東京医科歯科大学
日本顔学会大会 大会長
第16回
2011年
日本歯科大学新潟生命歯学部
次代:
村上伸一
第17回
2012年
東京電機大学
先代:
齊藤功
第27回
2012年
新潟県歯科医師会館
甲北信越矯正歯科学会大会 大会長
第28回
2013年
日本歯科大学新潟生命歯学部
次代:

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 研究者情報”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2011年1月10日). 2013年3月19日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 矯正歯科学会認定医・専門医名簿”. 日本矯正歯科学会. 2013年3月19日閲覧。
  4. ^ 会則・役員”. 甲北信越矯正歯科学会. 2013年3月19日閲覧。
  5. ^ 役員”. 美術解剖学会. 2013年3月19日閲覧。
  6. ^ 平成24年度役員構成(理事/理事補佐) (PDF)”. 日本顔学会. 2013年3月19日閲覧。
  7. ^ 役員一覧”. リハビリメイク協会. 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ オープンハートの会概要”. オープンハートの会. 2013年3月19日閲覧。