山本照子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本照子
生誕 1951年[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 矯正・小児系歯学
研究機関 大阪大学徳島大学岡山大学東北大学
出身校 大阪大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

山本 照子(やまもと てるこ、1951年 - )は日本の歯科医師歯学者東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野教授。元徳島大学歯学部歯科矯正学講座教授、元岡山大学大学院医歯薬学総合研究科機能再生・再建学専攻顎顔面口腔矯正学分野教授。歯科矯正学の分野で知られる。

経歴[編集]

1975年大阪大学歯学部卒業後、同大学歯科矯正学講座、附属病院矯正科医員、生化学講座助手、附属病院矯正科助手、講師を経て1995年に徳島大学教授に就任、1997年より岡山大学教授、2006年より東北大学教授[2]

著作[編集]

科研費研究成果報告書[編集]

  • 研究代表者 宮本学 研究分担者 上岡寛、山本照子 『遺伝子導入法を用いた歯根膜細胞の細胞系統の同定』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2002年3月。 NCID BA58153827 
  • 研究代表者 上岡寛 研究分担者 山本照子、宮本学 『骨細胞が機械的刺激を生物的刺激に変換する機序を解明する研究 : GFP遺伝子導入法を細胞骨格に応用して』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2002年3月。 NCID BA58157974 
  • 研究代表者 山本照子 研究分担者 上岡寛宮本学坪井佳子 『メカニカルストレスにより歯根膜に誘導される遺伝子群の解析』〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書〉2002年3月。 NCID BA58230509 
  • 研究代表者 宮脇正一 研究分担者 松本俊郎、山本照子 『顎口腔機能運動時に顎間接部に加わるメカニカルストレスを算出するためのモデルの開発』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2002年3月。 NCID BA58247261 
  • 研究代表者 山本照子 研究分担者 岩本容泰樋口義信坪井佳子藤木辰哉 『歯の移動と歯根吸収の生物学的制御』〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告〉2003年3月。 NCID BA63445865 
  • 研究代表者 黒田晋吾 研究分担者 山本照子 他 『下顎頭・下顎骨骨折の修復促進のための軟骨由来成長因子CTGF遺伝子導入』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2003年3月。 NCID BA63807707 
  • 研究代表者 坪井佳子 研究分担者 山本照子 他 『ヒト歯牙腫の歯根膜細胞を用いた歯根膜再生機序に関する研究』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2003年3月。 NCID BA63807707 
  • 研究代表者 谷本裕子 研究分担者 山本照子 他 『顎関節の変形性関節症の成因に関する運動学的および生物力学的研究』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉2003年4月。 NCID BA63808889 
  • 研究代表者 山本照子 『顎顔面骨格の再生医療に向けた軟骨分化決定因子に関する研究』〈科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書〉2005年3月。 NCID BA73396686 
  • 研究代表者 宮脇正一 研究分担者 山本照子、谷本裕子 『睡眠時のブラキシズムと胃食道酸逆流との関係を明らかにする神経生理学的研究』〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書〉2005年4月。 NCID BA73609685 
  • 研究代表者 上岡寛 研究分担者 山本照子、福永智広 『生骨組織中での骨細胞分化過程の可視化』〈科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書〉2006年5月。 NCID BA77598026 
  • 研究代表者 出口徹 研究分担者 山本照子、黒田晋吾 『矯正学的歯の移動時における骨改造現象と神経伝達物質との関連』〈科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書〉2007年4月。 NCID BA82834558 
  • 研究代表者 山城隆 研究分担者 山本照子 『口蓋裂の発生に関与する遺伝子の特定 : Runx1が口蓋形成に関わる役割について』〈科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書〉2008年2月。 NCID BA89342813 
  • 研究代表者 上岡寛 研究分担者 山本照子 『微細構造を反映した仮想骨の作製 : 超高圧電子顕微鏡を用いたナノレベル解析』〈科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書〉2008年4月。 NCID BA87702758 
  • 研究代表者 山本照子 『骨細胞の細胞性ネットワーク形成機序の解明と機械的刺激応答性に関する総合的研究』〈科学研究費補助金(基盤研究A)研究成果報告書〉2008年5月。 NCID BB09416756 

所属団体[編集]

学職
先代:
大谷啓一
第52回
2004年
学術総合センター
国際歯科研究学会日本部会 総会・学術大会 大会長
第53回
2005年
岡山大学
次代:
-(第84回国際歯科研究学会内での開催)
第54回
2006年
ブリスベン
先代:
中後忠男
1980年 - 1996年
岡山大学機能再生・再建科学専攻、口腔・顎・顔面機能再生制御学講座、歯科矯正学分野 教授
1997年 - 2006年
第2代
次代:
山城隆
2006年 - 2013年

脚注[編集]

  1. ^ 山本照子 (2008年). “特集 歯は動く”. まなびの杜44号. 東北大学. 2012年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 山本 照子 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター (2012年7月27日). 2012年9月9日閲覧。