寺田努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺田 努(てらだ つとむ、1974年5月[1] - )は、神戸大学大学院工学研究科教授[2]博士(工学)ウェアラブルコンピューティングユビキタスコンピューティング、エンタテインメントコンピューティングの研究者。

概要[編集]

ウェアラブルコンピューティングで知られている塚本昌彦らと研究を行っている[3]

2003年のWISS (Workshop on Interactive Systems and Software) では、ヘッドマウントディスプレイ (HMD) を用いないウェアラブルシステム「Wearable BGM Player」を発表し、銀の発表賞を受賞した[3]。イベント-アクション系のルールに基づいてBGMを奏でることで、人間の意識に影響を与えようとする試み[3]。「Wearable BGM Player」は、人間の意識が行動よりも0.5秒後に生まれること利用している[3]

略歴[編集]

1993年3月大阪府立三島高等学校卒業、1997年3月大阪大学工学部情報システム工学科卒業、大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 (博士前期課程) 修了を経て、1999年4月大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 (博士後期課程) 入学[2]。翌年の2000年6月に退学し、同月に大阪大学サイバーメディアセンターの助手となる[2]。2003年9月には、博士(工学)を取得。学位論文は「イベント駆動型データベースの高度応用に関する研究 」。[4]

その後、NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 (チームつかもと) の理事や事務局長、三菱電機株式会社先端技術総合研究所 嘱託研究員などを兼任し、2007年10月に神戸大学大学院工学研究科の准教授となる[2]。2008年10月からは、大阪大学大学院情報科学研究科 招へい准教授も兼任する[2]

2006年度下期未踏ソフトウェア創造事業に「ウェアラブルコンピューティングのためのイベント駆動型ミドルウェア開発」が採択される[5]

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 寺田努 (初出年不明). “プロフィール詳細版(おふざけ版ともいう)”. 2009年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 寺田努 (初出年不明). “プロフィール”. 2019年4月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 【レポート】WISS2003開催(4) - ウェアラブルで「ムード盛り上げ楽団」を実現”. 毎日コミュニケーションズ (2003年12月24日). 2009年1月5日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ IPA:2006年度下期「未踏ソフト」採択概要:4-12”. 情報処理推進機構 (2006年). 2009年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]