寺沢光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺沢 光子(てらさわ みつこ、1926年 - 2001年(平成13年)7月16日)は、日本の弁護士。女性初の地方裁判所所長。

概要[編集]

1926年、出生。 明治大学卒業後、弁護士となり、女性で初めて司法研修所裁判官教官を務めた他、女性初の地方裁判所長 として徳島地方裁判所長に就任した(1983)。その後 浦和家裁所長、横浜家裁所長、東京高裁部総括等 を歴任、高裁判事として、多くの著名事件について判決を出した[1]。 2001年、死去。

参考[編集]

  • 『女性参政 60周年記念女性参政関係資料集』(市川房枝記念会出版部、2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明治大学法曹界 創立50周年記念誌 P.120