寺本英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寺本 英(てらもと えい、1925年2月15日 - 1996年2月7日)は日本の生物物理学者。日本の数理生物学の実質創始者。本人は生物物理学を称する。島根県出身。1965年、京都大学教授。1967年、生物物理学会会長[1]。京都大学退官後、龍谷大学の教授を務め、在職中に70歳で死去。

人物[編集]

物理学から数理生物学の開拓に乗り出したように、広く興味を広げ、多くの弟子を育てる。固定観念にとらわれない点は、研究室が畳の部屋になっていたことにも現れていた。獅子のような顔をした、でも優しい人物で、晩年の本に、自らの京都の風景のスケッチを載せている。湯川秀樹との対談中、湯川が生物理学はどうかと言い、検討したが、生物物理にしたと答えている[2]

文化人類学における文明論的研究で知られる梅棹忠夫が動物生態学を研究分野の主軸に置いていた時期に先駆的な数理生態学研究として発表した「オタマジャクシの群れ」理論の、更なる展開もはかっている。また、コンピューターのない戦後間もないころ、手計算で理論を確立し、一方、アメリカで同じ試みを、コンピューターで計算しノーベル賞を取ったという[3][誰?]。国力の差が、業績の差になる一例である[4]

太陽エネルギーの流れから、生態学を再構成することを『無限・カオス・ゆらぎ―物理と数学のはざまから』で述べている。

湯川の弟子で、林忠四郎が宇宙物理を、寺本が生物物理を開拓した二大巨頭であった。

数理社会学が日本に根付いていない時期、関連図書の翻訳を通し、数理社会学の確立を側面から援助した。また、ジップ分布冪分布がまだ一般には知られていないころ、シミュレーションで再現し、一般向けに本も出し、紹介に勤めた。

著書・訳書[編集]

単著[編集]

  • 1990年 『ランダムな現象の数学』 吉岡書店 ISBN 4842702273
  • 1985年 『生命科学シティー・セミナー (1) 』 培風館 ISBN 4563038296
  • 1985年 『無限・カオス・ゆらぎ―物理と数学のはざまから』 培風館 ISBN 4563020303
  • 1975年 『生命のなぞをたずねて―小さな道化師の役割 (ちくま少年図書館 27) 』 筑摩書房 ISBN 4480040277
  • 1974年 『化学におけるランダムプロセス 共立化学ライブラリー〈9〉』 共立出版
  • 1973年 『エネルギーとエントロピー (化学モノグラフシリーズ (25))』 化学同人 ISBN 4759803254

共著[編集]

当書籍の執筆中に寺本が亡くなった。残りを弟子達が協力して完成させた。

訳書[編集]

  • 1989年 『生物学におけるランダムウォーク (りぶらりあ選書) 』 ハワード・C. バーグ (著) 佐藤俊輔との共訳 法政大学出版局 ISBN 4588021206
  • 1986年 『社会学の数学モデル』 W. ワイドリッヒ (著), G. ハーグ (著) 重定南奈子、中島久男との共訳 東海大学出版会 ISBN 4486009193
  • 1985年 『進化とゲーム理論―闘争の論理』 J. メイナード・スミス (著) 梯正之との共訳 産業図書 ISBN 4782815018
  • 1981年 『自然と遊戯―偶然を支配する自然法則』 M. アイゲン (著), R. ヴィンクラー (著) 東京化学同人 ISBN 4807901796
  • 1980年 『生化学者のための物理化学』 R.A. ドゥウェック (著) 中島久男との共訳 講談社
  • 1978年 『生物とエネルギー』 L. プーズナー (著) 西崎友一郎との共訳 培風館
  • 1978年 『生物学における確率過程の理論』 N. リヒターディン (著) 産業図書

脚注[編集]

  1. ^ 組織・歴史 生物物理学会ウェブサイト 2010-04-24 閲覧
  2. ^ 生物物理 初号
  3. ^ 梅棹には、他に宗教のウイルス説があり、ミーム(文化遺伝子)より早い。日本の学者は、海外を尊崇する性癖があり、梅棹を発展させなかった。文明論の梅棹を数理生物学の寺本が発展させたのと比較し、日本の社会学者は恥じるべきであろう。[誰?]
  4. ^ 無限・カオス・ゆらぎ 培風館 に記載がある。ノーベル賞の受賞者の名前も記載されている。