寺尾新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寺尾 新(てらお しん、1970年12月24日 - )は、日本キックボクサーで、元プロボクサープロレスラーである。東京都八王子市出身。横浜アリーナジム所属。ボクシング元日本フライ級1位、キックボクシングUKF東洋フェザー級初代王者。

来歴[編集]

21歳で伊原ジムに入門しキックボクサーとしてデビュー。8戦経験し日本キックボクシング連盟ランキング入りを果たした。

1995年、開設されたばかり八王子中屋ジムに入門しボクシングに転向。同ジム第1号プロとして9月22日のデビュー戦を勝利で飾る。しかし2戦目はKO負け。

1998年5月18日、当時OPBF東洋太平洋フライ級王者でWBA5位・WBC7位にランクされていたマニー・パッキャオ後楽園ホールでノンタイトルを戦い、3度のダウンを奪われ1R2分59秒でKO負けを喫した。なお、この対戦は現在、パッキャオが日本で行った唯一の試合となっている。

1999年7月3日、指名挑戦者としてセレス小林が持つ日本同級王座に挑戦。しかし9RでTKO負けを喫しこの試合を最後にボクシングを引退。通算16戦10勝(1KO)5敗1分。

ボクシング引退後[編集]

その後プロレスに転向し、インディ団体に所属して活動する一方、総合格闘技にも参戦する。

2005年頃、横浜アリーナジムでキックに復帰。

2006年9月23日、羽田真宏(白龍ジム会長)と変則ミクストルールマッチを戦った。

2007年9月2日、UKFジャパンの初代UKF東洋フェザー級王座を獲得。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]