實川幹朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

實川 幹朗(じつかわ みきろう、1949年7月15日 - )は、日本の臨床心理学者。姫路獨協大学教授。

千葉県船橋市生まれ。1974年東京大学文学部哲学科卒業。1976年同大学院文学研究科修士課程修了。1984年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学(臨床心理学)、心の相談塾こころほぐしを開設。1987年姫路獨協大学一般教育部助教授、1998年教授[1]、2011年法学部教授[2]。日本臨床心理学会会員。

著書[編集]

  • 『こころ覓ぎ 近代自我を越えて付きあいの哲学へ』誠信書房 1991年
  • 『思想史のなかの臨床心理学 心を囲い込む近代』講談社選書メチエ 2004年
  • 『心の近代 三筋の結界とメスメル 支度の段』北大路書房 2013年
編著

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 姫路獨協大学

外部リンク[編集]