寒の地獄温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg寒の地獄温泉
温泉情報
所在地 大分県玖珠郡九重町
泉質 硫化水素泉
泉温(摂氏 14 ℃
湧出量 2,160リットル(毎分)
テンプレートを表示

寒の地獄温泉(かんのじごくおんせん)は九重連山の登山口、大分県玖珠郡九重町(旧国豊後国)にある温泉。九重九湯の1つである。

アクセス[ソースを編集]

別府・湯布院と阿蘇を結ぶやまなみハイウェイ(大分県道11号別府一の宮線)沿線の飯田高原にある一軒宿。宿の前に停留所があり、由布院駅や阿蘇駅からバスの便があるが、便数が少なく時間帯も片寄っている。

泉質[ソースを編集]

古くは「冷泉行進曲」という歌を歌いながら入ったという。混浴のため、水着や下着を着用する。隣にはストーブを焚いた暖房室が用意されており、冷泉と暖房室を往復するのが伝統の入浴法である。

効能は神経痛打ち身など。

温泉街[ソースを編集]

日本秘湯を守る会にも属する寒の地獄旅館が存在する。山麓の一軒宿で温泉街は無いが、やまなみハイウェイ沿いの隣のバス停(くじゅう登山口)に「長者原ヘルスセンター」、逆側のバス停は「星生温泉」「牧の戸温泉」と一軒宿が続いている。いずれも九重連山から湧出する硫化水素泉である。

出典[ソースを編集]