宮英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮 英子(みや ひでこ、1917年2月23日[1]-2015年6月26日[2])は、歌人。夫は宮柊二

富山県出身。旧姓・瀧口。瀧口修造の従妹にあたる。東京女子高等師範学校卒。1937年、歌誌「多磨」に入会し、北原白秋に師事。同門の宮柊二と結婚し、1953年に「コスモス」創刊に参加。1986年の柊二没後、後を継いで「コスモス」発行人となった。2008年宮中歌会始召人を務めた。2005年『西域更紗』で第20回詩歌文学館賞受賞、2013年『青銀色』で第36回現代短歌大賞受賞。

著書[編集]

  • 『婦負野 滝口英子歌集』白玉書房 コスモス叢書 1969
  • 『葱嶺の雁 瀧口英子歌集』石川書房 コスモス叢書 1983
    • 『新輯葱嶺の雁 宮英子歌集』短歌新聞社 新現代歌人叢書 2008
  • 『花まゐらせむ 宮英子歌集』短歌新聞社 現代短歌全集 1988
  • 『ゑそらごと 宮英子歌集』石川書房 コスモス叢書 1991
  • 『雁信片々』本阿弥書店 コスモス叢書 1992
  • 『幕間(アントラクト) 宮英子歌集』石川書房 コスモス叢書 1995
  • 『天蒼々 宮英子歌集』短歌新聞社 現代女流短歌全集 1997
  • 『海嶺 宮英子歌集』短歌研究社 コスモス叢書 1999
  • 『アラベスク 宮英子歌集』柊書房 コスモス叢書 2002
  • 『西域更紗 宮英子歌集』柊書房 コスモス叢書 2004
  • 『葉薊館雑記』柊書房 コスモス叢書 2005
  • 『やがての秋 宮英子歌集』角川短歌叢書 2007
  • 『青銀色 (あをみづがね) 宮英子歌集』短歌研究社 コスモス叢書 2012

編纂[編集]

  • 『恒河沙 宮柊二歌集』編 石川書房 コスモス叢書 1998
  • 『宮柊二青春日記』編 本阿弥書店 1992
  • 『宮柊二歌集』高野公彦共編 岩波文庫 1993

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ 歌人の宮英子さん死去:朝日新聞