宮島峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮島峡(みやじまきょう)は、富山県小矢部市子撫川中流にある峡谷。複数の滝やおう穴などの独特の景観が特徴。稲葉山・宮島峡県定公園に指定されている。

概要[編集]

小矢部市にある小矢部川支流の子撫川中流に広がる全長5km弱の渓谷であり、「稲葉山・宮島峡県定公園」として富山県の県定公園に指定されている。

二段の階段状の滝であり、川幅一杯に落下する様子から「小ナイアガラ」と呼ばれている。一の滝や二の滝、竜宮渕のよどみから流れ落ちる三の滝と、変化に富んだ滝が見られる[1]

宮島峡周辺の観光地として、ニの滝近くには宮島温泉「滝ノ荘」や上流のロックフィル式ダムである子撫川ダム、砺波平野が一望できる稲葉山牧場稲葉山)などがある。

参考文献[編集]

  • 『富山の百山』 北日本新聞社

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小矢部川流域の自然概要 (PDF)”. 国土交通省 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]