宮井洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮井洞
各種表記
ハングル 궁정동
漢字 宮井洞
発音 クンジョンドン
日本語読み: どう
2000年式転写 Gungjeong-dong
テンプレートを表示

宮井洞(クンジョンどう、クンジョンドン)は、ソウル特別市鍾路区にある法定洞である。行政洞の清雲孝子洞の管轄。北には清雲洞、東には世宗路、南には孝子洞、西には新橋洞と接している。

洞名の由来[編集]

宮井という地名は毓祥宮洞と温井洞の名前から由来する。

歴史[編集]

朝鮮初期に漢城府北部順化坊に属して、1914年4月、行政区域統廃合により、北部順化坊毓祥宮洞、東谷、温井洞、新橋洞、朴井洞などの各一部を統合して宮井洞になった。

1936年4月、洞名が日本式地名に変更されることにより宮井町になり、1943年4月、区制実施で鍾路区宮井町になった。1946年大日本帝国の残滓清算の一環として、町が洞に変わる際、宮井洞になった。法定洞である宮井洞は行政洞の清雲孝子洞の管轄にある。

メットルバウィ、大隠岩、屛風バウィ、東ゴル、パグムルコル、毓祥宮ゴル、八道ベミなどの旧地名がある。東コルは毓祥宮の東にあることから、東コルは毓祥宮の東にあることから、パグムルコルはパグムルが、毓祥宮ゴルは毓祥宮があることから名称が由来して、八道ベミは王が直接農を営んだ所で、現在は住宅街になった。

名所[編集]

公共機関は清雲孝子洞住民センター、ローマ教皇庁大使館などがある。遺跡は宮井洞七宮があり、文化財は毓祥宮(史跡149)がある。憩いの場は無窮花ドンサンがあり、1993年7月に開園して、面積は3200である。