清雲孝子洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鍾路区 清雲孝子洞
位置
01-01-jongno-ja.svg
各種表記
ハングル: 청운효자동
漢字: 淸雲孝子洞
片仮名転写: チョンウニョジャ=ドン
ローマ字転写 (RR): Cheongunhyoja-dong
統計(2012年
面積: 2.57 km2
総人口: 15,219[1]
男子人口: 7,320[1]
女子人口: 7,899[1]
人口密度: 5,922 人/km2
世帯数: 6,023[1] 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 鍾路区
行政区域分類コード: 1111051500
自治体公式サイト: 清雲孝子洞
テンプレートを表示

清雲孝子洞(チョンウニョジャドン、韓国語청운효자동Ko-cheongunhyojadong.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、ソウル特別市鍾路区に位置する行政洞である。2008年11月1日に、清雲洞孝子洞が統合されて誕生した。青瓦台景福宮などの名所がある。

洞名の由来[編集]

[2] 清雲孝子洞の「清雲」という名前は、清雲小学校の裏の清風渓(チョンプンゲ)という渓谷がある村の「清」という字と、白雲洞という村の「雲」という字が合わさってつけられた。清風渓と白雲洞は、仁王山の澄んだ風と水、白い雲に覆われた自然環境に由来している。 朝鮮時代初期は、漢城府北部順化坊地域だった。1914年には、京城府北部の白雲洞、清風洞、朴井洞、新橋の各一部と統合され、清雲洞となり、1936年には、清雲町に改称された。1943年には、鍾路区に編入され、1946年には、再び清雲洞に改称された。

「孝子」という名前は、宣祖の時代に、趙(チョ・ウォン)という学者の息子のヒシンとヒチョル兄弟が、孝行者だったことから、双孝子ッコルまたは孝谷という名前になり、それから孝子洞という名前になった。

歴史[編集]

法定洞[編集]

清雲孝子洞管轄の法定洞は以下のとおりである。[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 鍾路区 > 行政情報 > 統計情報 > 2012年 四半期 住民登録人口(2012年12月31日現在)
  2. ^ 清雲孝子洞住民センター > 私たちの洞案内 > 洞名由来
  3. ^ 鍾路区 > 鍾路紹介 > 鍾路区案内 > 洞住民センター