宮下直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮下 直
生誕 1961年
日本の旗 長野県飯田市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学農学部卒業
東京大学大学院農学系研究科
修士課程修了
博士課程
指導学生
前園泰徳
他の指導学生 深見理
プロジェクト:人物伝

宮下 直(みやした ただし、1961年 - )は、日本生物学者東京大学教授[1]博士(農学)クモ昆虫の研究を中心に、生態学、特に生物多様性の理論を専門としている[2]

経歴[編集]

長野県飯田市に生まれ、長野県飯田高等学校を卒業[3]1983年東京大学農学部林学科を卒業し、1985年に東京大学大学院農学系研究科林学専攻修士課程を修了[4]1992年、「ジョロウグモの生活史における生態的制約と適応」により、東京大学から博士(農学)を取得[3][5]

東京大学大学院農学生命科学研究科生圏システム学専攻助教授を経て[4]、教授[1]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • 生物多様性のしくみを解く:第六の大量絶滅期の淵から、工作舎、2014年 ISBN 978-4875024569
  • となりの生物多様性:医・食・住からベンチャーまで、工作舎、2016年 ISBN 978-4875024750

共著[編集]

編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 外来生物-生物多様性と人間社会への影響-”. 裳華房. 2015年3月15日閲覧。
  2. ^ ゑれきてる 身近な生物から見えてくる生物多様性と生態学の関係”. 東芝. 2015年3月15日閲覧。
  3. ^ a b 宮下直. “宮下直”. 宮下直. 2015年3月15日閲覧。
  4. ^ a b researchmap 宮下直”. 独立行政法人科学技術振興機構知識基盤情報部. 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ ジョロウグモの生活史における生態的制約と適応 宮下直”. 国立国会図書館. 2015年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]