宮下武四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮下 武四郎(みやした たけしろう、1927年昭和2年)10月29日 - 2017年平成29年)9月4日)は日本の実業家、元日本製紙社長・会長。長野県出身。

略歴[編集]

  • 1927年(昭和2年) - 信一の四男として生まれる。
  • 1950年(昭和25年) - 東京大学経済学部を卒業、十條製紙へ入社。勤労部長、秋田工場長などを歴任。
  • 1978年(昭和53年) - 同社代表取締役に就任。
  • 1981年(昭和56年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1984年(昭和59年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1988年(昭和63年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1993年(平成5年) - 山陽国策パルプとの合併により日本製紙となり、同社代表取締役社長に就任。
  • 1996年(平成8年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 2001年(平成13年) - 同社代表取締役相談役に就任。
  • その他、日本製紙連合会会長、苫小牧埠頭北海道空港苫小牧港開発紙パルプ会館各取締役などを務めた。
  • 2017年(平成29年)9月4日 - 肺気腫により89歳で死去[1]

受章・受賞[編集]

著書[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第80版 『日本紳士録』 2007年

脚注[編集]

  1. ^ 宮下武四郎氏が死去 元日本製紙社長 日本経済新聞 2017年9月13日