安藤貞季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
安藤貞季
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:又太郎
主君 北畠顕家
氏族 安藤氏(安東氏)
父母 父:安藤堯勢?(寛政重修諸家譜)、安藤季久?[1]
北畠顕家
盛季鹿季

安藤 貞季(あんどう さだすえ)は、鎌倉時代武将陸奥国豪族[2]安藤季長又は安藤宗季の別名とも季長の子ともされる[2]。郷土史家は安藤法季の別名とする[3]

正和年間(1312年1317年)、貞季は十三湊福島城という城を築城したとされる[4]

建武の新政以後、貞季は南朝方に与し、北畠顕家に従ったとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 塩谷順耳 『中世の秋田』 秋田魁新報社、1982、ISBN 4870200171
  2. ^ a b 【安藤貞季(あんどう-さだすえ)】” (日本語). デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2009年1月20日). 2014年1月15日閲覧。
  3. ^ 森山嘉蔵『安東氏―下国家400年ものがたり』無明舎出版、2006年、ISBN 4895444244
  4. ^ 北条氏研究会編『北条氏系譜人名辞典』新人物往来社、2001、ISBN 978-4404029089 p.42