安藤定殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 定殻(あんどう さだみ、さだよし、宝永5年(1708年)- 寛延2年7月10日1749年8月22日))は、江戸幕府旗本茶人。寛政譜は定穀としている。阿久和安藤氏6代目。安藤定房の子。母は大久保忠兼の娘。通称は岩之丞、大膳、治右衛門。号は鶯渓、翼々庵(斎)。室は土井利良の娘。子に水野元丈室、安藤正甫

父定房とともに茶道南坊流の笠原道桂に師事した。寛保3年(1743年)父が没し家督を継ぐが、父の最晩年に起きた圧政による農民の駕籠訴事件で蟄居となった。延享元年(1744年)3月11日田原藩4代藩主三宅康高に南坊録を書写させた。寛延2年43歳で没した。墓所は早稲田・龍善寺。

参考文献[編集]