安政地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安政地震(あんせいじしん)は、安政年間の地震。

安政に改元されたのは1855年1月15日(嘉永7年11月27日)であるため、伊賀上野地震、東海地震および南海地震が発生したのは嘉永7年のことであるが[1]、歴史年表上では安政元年であるため、安政を冠して呼ばれる[2]

安政の大地震あるいは安政大地震とも呼ばれる。

南海トラフ震源域と推定される宝永地震昭和地震東南海南海地震)に対比して安政東海地震と安政南海地震を総称して「安政地震」と呼ぶ場合もある[3]

安政地震の一覧[編集]

以下の地震が安政地震と呼ばれている。

参考文献[編集]

  1. ^ 湯村哲男(1969): 「本邦における被害地震の日本暦について」 地震 第2輯 1969年 22巻 3号 p.253-255, doi:10.4294/zisin1948.22.3_253
  2. ^ 神田茂(1970): 「本邦における被害地震の日本暦の改元について」 地震 第2輯 1970年 23巻 4号 p.335-336,doi:10.4294/zisin1948.23.4_335
  3. ^ a b c 五つの大地震 高木金之助編、沢村武雄「五つの大地震」『四国山脈』毎日新聞社、1959年
  4. ^ a b c 宇佐美竜夫『世界大百科事典 2』平凡社、2009年
  5. ^ 羽鳥徳太郎(1973): 「安政3年(1856年8月23日)八戸沖津波の規模と波源域の推定」 地震 第2輯 1973年 26巻 2号 p.204-205, doi:10.4294/zisin1948.26.2_204
  6. ^ 和田博夫, 三雲健, 小泉誠(1979): 「飛騨地方北部特に跡津川断層付近の地震活動と発震機構」 地震 第2輯 1979年 32巻 3号 p.281-296, doi:10.4294/zisin1948.32.3_281