安息香酸エチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安息香酸エチル
安息香酸エチル
IUPAC名安息香酸エチル
分子式C9H10O2
分子量150.17
CAS登録番号93-89-0
形状無色液体
密度1.050 g/cm3, 液体
融点−34 °C
沸点211-213 °C
SMILESO=C(OCC)C1=CC=CC=C1

安息香酸エチル(あんそくこうさん—、ethyl benzoate)は、有機化合物の一種で、安息香酸エタノールとが脱水縮合した構造 (C6H5CO2CH2CH3) を有するカルボン酸エステル。快い芳香を持つ無色の液体。消防法による第4類危険物 第3石油類に該当する[1]

合成と用途[編集]

安息香酸エチルは、安息香酸とエタノールを、フィッシャーエステル合成反応により縮合させると得られる。

C6H5CO2H + CH3CH2OH → C6H5CO2CH2CH3 (酸触媒下)

安息香酸メチルと同様に、ポ・デスパーニュ (Peau d'espagne) など、香水の成分として用いられる。また、果実の香りの人工香料とされる。

参考文献[編集]

  1. Merck Index 12th ed., 3814.

脚注[編集]

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)


関連項目[編集]