安吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安吉
各種表記
ハングル 안길
発音: アン・キル
日本語読み: あん きち
ローマ字 An Kil
テンプレートを表示

安 吉(アン・キル、안길、1907年2月24日 - 1947年12月13日)は日本統治時代の朝鮮社会主義者、独立運動家及び朝鮮民主主義人民共和国軍人。別名は安尚吉

経歴[編集]

1907年、咸鏡北道慶源郡の貧しい農家に生まれる[1][2]。幼い頃に吉林省琿春県敬信郷に移住。龍井の大成中学校を中退[3]。中等教育程度の知識を持った牧師であったが、地下工作をしていた李鳳洙に引き立てられ、抗日武装闘争に参加[4]

1927年、朝鮮共産党満州総局に入党。

1932年、中国共産党に入党。

1933年、金溝区委員会書記。琿春県の遊撃隊に入隊。

1939年、東北抗日連軍第1路軍第3方面軍第14団政治委員。1940年10月、第1路軍第3方面軍参謀長。同年11月末に東寧県からソ連に移動[5]。1941年2月、南野営へ行き、同年3月に会議が開かれ、その会議の決定に基づき第1路軍の越境部隊を第1支隊とし、安吉が参謀長に任じられた。

1942年、第88旅団第1大隊政治委員。1944年2月から第3大隊政治委員[6]。ソ連指示下の偵察小組事業において誰よりも優秀な成績を残した[4]

第2次世界大戦終戦後は、ソ連軍船のプガチョフ号に乗り、9月19日に元山に上陸[7]。その後は朝鮮共産党咸鏡北道部責任秘書を務めた。

1946年7月、平壌学院院長[8]。同年8月、朝鮮労働党中央委員に選出[9]。同年9月、保安幹部訓練大隊参謀長[8]

1947年12月13日に40歳で病死。1968年に安吉の記念像が建てられる[2]

出典[編集]

  1. ^ 和田春樹 1992, p. 356
  2. ^ a b 徐大粛 2013, p. 499
  3. ^ 和田春樹 1992, p. 357
  4. ^ a b 林 1982, p. 113.
  5. ^ 和田春樹 1992, p. 290
  6. ^ 和田春樹 1992, p. 330
  7. ^ 和田春樹 1992, p. 342
  8. ^ a b 和田春樹 1992, p. 366
  9. ^ 和田春樹 1992, p. 363

参考[編集]

  • 徐大粛『金日成』林茂訳、講談社、2013年。ISBN 978-4-06-292162-6
  • 和田春樹『金日成と満州抗日戦争』平凡社、1992年。ISBN 4-58-245603-0
  • 林隠『北朝鮮王朝成立秘史 金日成伝』自由社、1982年。
  • [안길(安吉, 1907~47) 安相吉 安常吉]”. 노동자의 책. 2015年2月6日閲覧。