安井善宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安井 善宏(やすい よしひろ、1942年8月18日 - 2013年9月22日[1])は日本の実業家愛知県出身。明治電機工業株式会社の元代表取締役社長。長男は実業家の安井淳一郎

学歴[編集]

役職 [編集]

  • 1965年 明治電機工業株式会社入社。
  • 1982年 同社取締役営業部長。
  • 1989年 同社代表取締役知立営業所所長。
  • 1990年 同社代表取締役副社長。
  • 1992年 同社代表取締役社長。
  • 1998年 MEIJI UK LTD.取締役。
  • 2000年 東山フィルム㈱監査役。
  • 2001年 MEIJI CORPORATION 取締役。
  • 2012年 明治電機工業株式会社 代表取締役会長。

経営戦略 [編集]

  • 1990年代後半、商社不要論が叫ばれる中、生き残りをかけ「商社機能を持ったFAエンジニアリング会社」経営を実践。それは単なる制御機器商社として製品を単品販売するのではなく、自社工場で製品を開発し、複数の製品と組み合わせて取引先に提供。さらには取引先工場のライン全体のあり方までも提案、コンサルティングするという斬新的な経営戦略であり、業績を伸ばすきっかけとなった。
  • 顧客のニードに応えるため、物流と在庫は一元化とシステム化を進め、その結果「1DAY デリバリー」と呼ぶ、製品の翌日配送を実現させた。

エピソード[編集]

  • 入社してまもなくはトヨタ自動車デンソーなどへの営業を担当していた。
  • 母校愛知大学の第15代同窓会長を務めていた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安井善宏氏死去(明治電機工業会長) 時事通信 2013年9月24日閲覧