宇野克明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇野 克明
生誕 (1961-12-24) 1961年12月24日(55歳)
日本の旗 日本神奈川県横浜市
職業 医師

宇野 克明(うの かつあき、1961年12月24日 - ) は日本医師外科学)。東京MITクリニック院長。博士(医学)1999年に細胞の免疫性に着目してがんを診断する「がん免疫ドッグ」(イムノドッグ)を開発した。

神奈川県横浜市出身。1986年4月東海大学医学部医学科卒業。同年5月医籍登録。東京女子医科大学第二外科にて一般外科、救急医療を研修。1995年1月博士(医学)(杏林大学)。1996年9月医療法人財団コンフォート理事長。1999年1月日本初の「がん免疫ドッグ」(イムノドッグ)を開発し、コンフォート病院(横浜市西区)にて運用を開始、2000年6月同院にがん研究・治療部門「免疫研究センター・免疫外来」を開設、2001年2月には老化メカニズム研究を目的にした「免疫研究センター・細胞老化部門」を開設した。同年4月から東海大学医学部外科学教室にてHLA・癌免疫研究に携わる。2004年4月東海大学医学部基礎系生体構造機能学教室非常勤講師。同年5月ハルビン医科大学(中華人民共和国黒竜江省)名誉教授。2005年4月医療法人財団コンフォート会長・最高統括理事。2012年2月医療法人財団コンフォート理事辞任。2012年9月東京MITクリニック開設。



主な著書[編集]

  • AHCCの基礎と臨床』分担執筆(ライフサイエンス,2003)

主な論文[編集]

  • 『消化器癌患者における非特異的免疫治療とAdvanced Terminal Care』消化器と免疫(0286-7618)40号 Page102-105(2004.06)
  • 『消化器疾患の病態とTh1/Th2バランス 消化器癌患者におけるTh1/Th2バランスを中心とした免疫学的パラメータ検討の意義』消化器と免疫(0286-7618)37号 Page19-22(2001.07)
  • 『癌免疫治療におけるパラメータと化学療法併用の意義』Biotherapy(0914-2223)15巻Suppl.II Page73(2001.11)
  • 『担癌患者に対する植物由来多糖類抽出物(AHCC)効果 免疫学的パラメータとperformance statusへの影響』Biotherapy14巻3号Page303-309(2001.11)
  • 『Impaired Th1-Related Immune Systems in Cancer Patients. 』Annals of Cancer Research and Therapy Vol.8, Nos.1&2 Page77-87(2000.6)
  • 『免疫学的パラメーターを用いたがんスクリーニングの意義』日本臨床免疫学会会誌第23巻2号 Page114-123(2000.04)
  • 『炎症性腸疾患の病態におけるTNFαの関与とプロテアーゼ・インヒビターの効果に関する研究』杏林医学会雑誌(0368-5829)25巻3号 Page427-437(1994.09)
  • 『炎症性腸疾患における単核球のTNF産生能とその抑制』Therapeutic Research(0289-8020)14巻Suppl.2 Page560-563(1993.07)
  • 『炎症性腸疾患,消化器癌の貧血に対するrt-エリスロポエチンの臨床応用』Therapeutic Research(0289-8020)11巻Suppl.2 PageS474-S477(1990.06)
  • 『炎症性腸疾患(IBD)における貧血とエリスロポエチン(EPO)』Therapeutic Research(0289-8020)10巻Suppl.1 Page122-126(1989.05)
  • 『免疫パラメーターを用いたクローン病活動度診断』Therapeutic Research(0289-8020)10巻Suppl.1 Page118-121(1989.05)
  • 『脾動脈瘤の2治験例』山梨県立中央病院年報(0289-4394)15巻 Page6-12(1988.12)


外部リンク[編集]