孫震 (孫呉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孫 震(そん しん、?- 280年)は、中国三国時代の武将。の皇族。祖父は孫賁。父は孫鄰。兄は孫苗・孫旅・孫述。弟は孫諧・孫歆

略歴[編集]

父が赤烏12年(249年)に死去すると、兄弟は皆、要職を歴任することになった。孫震は無難督に昇った。

天紀3年(279年)、が呉へ侵攻を開始すると、荊州の拠点は次々に陥落し、翌年には、王濬の軍が長江を下り首都建業に迫った(晋の呉征伐)。孫震は護軍[1]として、張悌沈瑩とともに三万の兵を率いて長江を渡った。また、晋の張喬率いる7千の軍を楊荷橋で包囲し、降伏させた。張悌は、張喬の降伏を信じそのまま晋の王渾軍と戦った。しかし、王渾軍の周浚らに三度攻撃をかけたものの崩せず、また退却途中で軍中が混乱し、それに加え敵の別働隊からも攻撃を受けたため、軍は崩壊した。さらに、再び寝返った張喬により版橋で壊滅的な打撃を受け、孫震は張悌・沈瑩と共に捕らえられ、斬首された。

参考資料[編集]

  • 『三国志』
  • 『晋書』

脚注[編集]

  1. ^ 晋書王渾伝では大将軍とある。