孫延在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孫延在
Son Yeon Jae
Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Son-Yeon-Jae-Golden Medal.jpg
選手情報
フルネーム 孫延在
愛称 国民の姪
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1994-05-28) 1994年5月28日(23歳)
生誕地 韓国ソウル特別市
身長 165cm
体重 42kg
種目 新体操
 
獲得メダル
新体操
世界選手権
2014 イズミル フープ
アジア大会
2014 仁川 個人総合
2010 広州 個人総合
テンプレートを表示

孫延在(ソン・ヨンジェ、Son Yeon Jae、손연재 )(1994年5月28日 - )は、韓国ソウル特別市出身の新体操選手。身長165cm。通称「国民の姪」、「体操界のキム・ヨナ」。

人物[編集]

IBスポーツに所属。延世大学校在学中で英語日本語ロシア語を話すことができる。

経歴[編集]

2010年アジア競技大会において個人総合で銅メダルを獲得、2012年4月、ワールドカップロシア大会にて種目別決勝のフープで銅メダルを獲得している。韓国人選手として初めてW杯シリーズでメダルを獲得した。また、個人総合でも自己最高の6位に入った。

2012年のロンドンオリンピックでは個人総合の予選を6位で突破し、韓国人選手として初めて同種目で決勝進出を果たした。しかし決勝では2種目終了時点で3位につけるも、3種目目のクラブでのキャッチミスが響き、総合5位に終わった。新体操においては歴代アジア選手記録の中で最高の順位だった。

2013年の世界新体操選手権では個人総合で5位入賞、翌年の同大会では4位に入賞した。地元韓国で開催された2014年アジア競技大会では、韓国人選手として初めて金メダルを獲得した。2015年の世界選手権では11位に沈むも、翌年のリオデジャネイロオリンピックの出場権は獲得。リオ五輪では個人総合成績4位に入った[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]