子ノ神古墳 (沼津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
子ノ神古墳
子ノ神古墳(子ノ神神社)
所在地 沼津市西沢田字子ノ神674-1[1]
位置 北緯35度7分27.49秒
東経138度50分59.47秒
座標: 北緯35度7分27.49秒 東経138度50分59.47秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長46m(推定約64m)
前方部20m(推定約28m)
後円部径26m(推定約36m)
高さ3.5m
頂径推定10m[2]
地図
子ノ神古墳 (沼津市)の位置(静岡県内)
子ノ神古墳
子ノ神古墳
テンプレートを表示

子ノ神古墳(ねのかみこふん)は、静岡県沼津市愛鷹山南麓の尾根上に位置する前方後円墳である[3]1970年昭和45年)2月19日に沼津市の史跡に指定された[4]

概要[編集]

1999年平成11年)、沼津市の遺跡発掘調査により周溝が確認され、周溝幅は約12メートルと推定、長塚古墳 (沼津市)と同規模であることがわかった[1]。しかし出土遺物は土師器壺の胴部破片1点だけであり[1]、年代特定には至っていない。 前方部に子ノ神神社が建立されている。子ノ神古墳の敷地内説明看板には「石室の一部が発見された」という記述があるが[5]、1999年の地下レーダー探査では石室は確認されていない[6]

規模[編集]

墳丘長46メートル(推定約64メートル)
前方部20メートル(推定約28メートル)
後円部径26メートル(推定約36メートル)
高さ3.5メートル
頂径推定10メートル[2] [注釈 1]

出土品[編集]

内部主体の構造と副葬品については未調査であるため不明である。埴輪および葺石などの外部施設はない[7]。1999年のトレンチ調査時に周溝内の覆土から土師器壺の胴部破片1点を出土[1][8]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

  • 東名高速道路沼津ICから15分[9]

関連施設

  • 沼津市文化財センター(沼津市大諏訪) - 子ノ神古墳出土品等を保管。

周辺

子ノ神神社[編集]

子ノ神神社
所在地 西沢田字子ノ神673番地[10]
主祭神 大国主命[10]
創建 不明[10]
別名 子ノ神社[10]
例祭 10月17日[10]
テンプレートを表示

古墳の中に位置する神社。祭神は大和朝廷に「珠流河国造」(するがのくにのみやつこ)として派遣された物部堅石命(もののべのかたいしのみこと)であることと[11]、古墳を祀るために作られたことが推測されている[10]。社有地は785平方メートル[10]

歴史[編集]

創立年及び経緯については不明[注釈 2]1947年(昭和21年)に宗教法人となり、その時に神社の建物自体と土地を無償で譲り受ける[10]1905年(明治38年)当時神主であった野秋儀平の手により、御料局から払い下げられ、神社として保安されるようになる[10]1964年(昭和39年)10月に社殿を再建している[10]

氏神[編集]

祀っている氏神は以下の通り[10]

  • 中沢田
  • 道尾 - 明治以降
  • 西沢田 - 明治以降

建物[編集]

構成される建物は以下の通り[10]

  • 本殿
  • 幣殿
  • 拝殿
  • 手水舎
  • 鳥居

古墳の風景[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお1957年昭和32年)の報告書では、 標高25メートル、長軸の長さ48メートル、後円部の径27メートル、前方部の開き14メートル、高さは、後円部4メートル、前方部2メートルと考えられている。
  2. ^ 境内の石灯籠には「寛延二龍舎己巳年九月吉日」(1749年)の文字が刻まれているものがある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 静岡県教育委員会 2001, p. 142.
  2. ^ a b 静岡県教育委員会 2001, p. 152.
  3. ^ 静岡県教育委員会 2001, p. 143.
  4. ^ 沼津市指定文化財等一覧表(pdf)、2017年6月4日閲覧。
  5. ^ 沼津市指定史跡 子ノ神古墳 (敷地内説明看板). 子ノ神古墳: 沼津市教育委員会. (1995年). 
  6. ^ 沼津市教育委員会 2005, p. 148.
  7. ^ 静岡県 1990, p. 621.
  8. ^ 静岡県教育委員会 2001, p. 150.
  9. ^ 子ノ神古墳”. ふじのくに文化資源データベース. 2017年6月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 『全国の教育百年史』 全国の教育百年史編纂委員会、1979年1月25日、249頁。
  11. ^ 『金岡の宝50選』 金岡コミュニティ推進委員会金岡地区有識者会議、金岡コミュニティ推進委員会金岡地区有識者会議、2014年10月、9頁。

参考文献[編集]

  • 後藤守一 『沼津長塚古墳』 沼津市教育委員会、1957年3月 
  • 『静岡県史 資料編2 考古』 静岡県、静岡県、1990年3月
  • 『静岡県文化財調査報告書 第55集 静岡県の前方後円墳 その2 個別報告編』 静岡県教育委員会、静岡県教育委員会、2001年3月30日
  • 『沼津市史 通史編 原始・古代・中世』 沼津市教育委員会、沼津市教育委員会、2005年3月

外部リンク[編集]