後藤守一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 守一(ごとう しゅいち、1888年8月10日 - 1960年7月30日)は、日本の考古学者明治大学名誉教授。

来歴[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。1921年から1940年は帝室博物館勤務、1941年に日本古代文化学会創設、1942年から國學院大學国史科教授。浜田耕作亡き後、日本考古学界の顔となった。戦前は皇国史観考古学の推進者として知られるが、戦後は明治大学考古学研究室創設(私立大学初。1950年)にあたり、主任教授として多くの考古学研究者(大塚初重など)育成に力を尽くした。

代表的な著作[編集]

  • 日本考古学(1927)NDLJP:1191669
  • 日本歴史考古学(1937)NDLJP:1231555
  • 日本の文化(1941)
  • 埴輪の話(1944)NDLJP:1720547
  • 祖先の生活(1944)
  • 日本古代史の考古学的検討(1947)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]