姜健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
姜 健
General Kang Gun.png
渾名 『キングコング』
生誕 1918年
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚北道尚州市
死没 1950年9月
大韓民国の旗 大韓民国慶尚北道安東市
所属組織 東北抗日聯軍
ソ連軍
東北民主連軍
朝鮮人民軍
最終階級 大尉(ソ連軍)
中将(北朝鮮軍)
テンプレートを表示
姜 健
各種表記
ハングル 강건
漢字 姜健
発音: カン・ゴン
ローマ字 Kang Kon
テンプレートを表示

姜 健(カン・ゴン、강건)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の満州派に属する軍人。本名は姜 信泰(カン・シンテ、강신태)。朝鮮人民軍初代総参謀長アメリカ軍将兵からはキングコングと呼ばれた[1]。息子に北朝鮮の軍人の姜昌柱(カン・チャンチュ、강창주)[2]

経歴[編集]

1918年、慶尚北道尚州の貧農に生まれる[3]。幼少時に両親に連れられ満州に移住[4]寧安市で学んでいる時に中国共産主義青年団に加入[5]。1930年代初めから抗日運動に参加し東北抗日連軍第5軍に所属してパルチザン活動。1936年、第5軍第3師第9団政治委員。後に第2路軍総指揮部警衛隊代政治委員[6]

1940年12月、党幹部会議が開かれ、北野営党臨時委員会書記[7]

1942年、第88特別旅団第2大隊政治委員。1943年秋に柴世榮が行方不明になると後任として第4大隊長に就任[8]ソ連軍大尉兪成哲によれば、軍事戦術に優れており、命令に絶対服従する典型的な軍人であった[9]。このことから金日成よりもソ連人の信任を得て、戦後も朝鮮ではなく満州に派遣された[9]

1945年9月、延吉市に到着しソ連軍延吉警備司令部副司令として活動[10][11]。東北地区居住朝鮮人の中で威信が高く、周保中の信頼を受けていた[11]。東北地区居住朝鮮人に軍隊に入隊することを訴え、多くの人が武器と冬服を持って入隊し、7千人の兵力からなる警備第1団(団長:朴洛権)、第2団(団長:崔明錫)、第3団(団長:朴根植[注釈 1])を結成した[12]。また中国共産党延辺委員会を組織し、党書記に就任[11]。1946年1月、東北民主連軍吉東軍区司令員兼延吉警備第1旅旅長[13]

1946年5月以降、北朝鮮で民主基地論[注釈 2]が形成され、その根拠地の確立に幹部の不足が問題となったため、同年7月に帰国した[14]。帰国後、朝鮮人民軍第2師団長に就任。1948年3月に朝鮮労働党中央委員に選出され朝鮮人民軍中将。1948年2月、初代総参謀長に就任。ついで1950年6月、前線指揮部総参謀長。

大田攻防戦後、前線司令部を前進させ後続部隊の移動状況を視察中に乗っていた車両が地雷を踏み戦死[15][注釈 3]。1950年9月、最高人民会議から朝鮮民主主義人民共和国英雄を授与される[14]。後年、彼の名を冠した姜健総合軍官学校朝鮮語版が設立され1968年には姜健の銅像が建立される[4]。また、人民軍第2師団は「近衛姜健第2歩兵師団」の称号を与えられている[16]

注釈[編集]

  1. ^ 1906年11月7日-1952年2月17日。朝鮮戦争で戦死した。
  2. ^ 北朝鮮に根拠地を建設して南朝鮮の解放を目的とする[14]
  3. ^ 9月に沙里院で作戦中に空爆で戦死した[14]とも言われている。

出典[編集]

  1. ^ マシュウ・B・リッジウェイ 熊谷正巳,秦恒彦訳. 朝鮮戦争. 恒文社. pp. 51. 
  2. ^ 金学俊 李英訳. 北朝鮮五十年史―「金日成王朝」の夢と現実. 朝日新聞社. 
  3. ^ 和田 1992, p. 356.
  4. ^ a b 朝鮮戦争 (下) (歴史群像シリーズ (61)). pp. 119. 
  5. ^ 和田 1992, p. 330.
  6. ^ 和田 1992, p. 262.
  7. ^ 和田 1992, p. 364.
  8. ^ 和田 1992, p. 319.
  9. ^ a b “6ㆍ25때 북한군 작전국장/유성철 “나의 증언”:3” (朝鮮語). 韓国日報. (1990年11月3日). http://www.hankookilbo.com/News/Read/199011030029955556 2019年2月18日閲覧。 
  10. ^ 和田 1992, p. 341.
  11. ^ a b c 李 2009, p. 42.
  12. ^ 李 2009, p. 53.
  13. ^ 和田 1992, p. 346.
  14. ^ a b c d 李 2009, p. 66.
  15. ^ 和田 2002, p. 175.
  16. ^ 조국해방전쟁에서 위훈을 세운 근위부대들”. ネナラ (2015年7月27日). 2018年3月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 李海燕 『戦後の「満州」と朝鮮人社会 越境・周縁・アイデンティティ』 御茶の水書房、2009年。ISBN 978-4-27-500842-8
  • 『朝鮮戦争 (下)』 学習研究社〈歴史群像シリーズ (61)〉、1999年。ISBN 4-05-602130-9
  • 和田春樹 『朝鮮戦争全史』 岩波書店、2002年。ISBN 4-00-023809-4
  • 和田春樹 『金日成と満州抗日戦争』 平凡社、1992年。ISBN 4-58-245603-0
  • 和田春樹・石坂浩一 編 『岩波小辞典 現在韓国・朝鮮』 岩波書店、2002年。ISBN 4-00-080211-9
  • 姜在彦 『金日成神話の歴史的検証 抗日パルチザンの<虚>と<実>』 明石書店、1997年。ISBN 4-75-030996-6
  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 中巻 50年春からソウルの陥落まで』 原書房、1976年。
  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争前史としての韓国独立運動の研究』 国書刊行会、1985年。
  • [강건(姜健,1918~50) 姜信泰]”. 노동자의 책. 2014年12月13日閲覧。
 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
先代:
設置
朝鮮人民軍総参謀長
1948年 - 1950年
次代:
南日