好藤村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしふじむら
好藤村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
好藤村愛治村近永町泉村三島村広見町
現在の自治体 鬼北町宇和島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
北宇和郡
団体コード 消滅時制度なし
隣接自治体 愛治村泉村
近永町三間村二名村(廃止時)
好藤村役場
所在地 制度なし
愛媛県北宇和郡好藤村大字成藤
 表示 ウィキプロジェクト

好藤村(よしふじむら)は、1955年(昭和30年)まで愛媛県北宇和郡にあったであり、現在の鬼北町の北西部の農村である。昭和の合併で広見町,さらに平成の合併で鬼北町となり、現在に至っている。

一部は境界変更で三間町,平成の合併で宇和島市となった。

地理[編集]

現在の鬼北町の北西部。鬼北盆地の北部に当たる。村内を三間川が西北から東南方向に貫流している。高い山は少なく、一面水田が広がっていた。

地名の由来
昔は「吉藤」と書き、戦国時代から古文書に登場する。

歴史[編集]

中世

  • 深田殿竹林院氏が是延と吉波の境付近に一の森城を築いていた。
  • 16世紀後半、土佐一条氏の進攻をたびたび受ける。

藩政期

好藤村成立後

  • 1889年(明治22年) - 町村制・市制施行時に、是延(これのぶ)、吉波(よしなみ)、西仲(にしなか)、成藤(なりふじ)、国遠(くにとお)、清延(きよのぶ)、沢松(さわまつ)、内深田(うちふかだ)、東仲(ひがしなか)の9箇村の合併により好藤村となる。後に大字是延は境界変更で三間町に。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 愛治村近永町泉村三島村との1町4村の合併により広見町となる。
  • 1958年(昭和33年)8月1日 - 大字是延が広見町から三間町へ編入。
好藤村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)         (昭和の合併) (平成の合併)
            町村制施行時
是延 ━━━━┓
吉波 ━━━━┫
西仲 ━━━━┫
成藤 ━━━━┫
国遠 ━━━━╋━━━好藤村━━━━━━━━━━━┓
清延 ━━━━┫                 ┃
沢松 ━━━━┫                 ┃
内深田━━━━┫                 ┃
東仲 ━━━━┛                 ┃
                         ┃昭和30年3月31日
                         ┃合併
           近永町━━━━━━━━━━━╋━広見町━━┳━━━┓平成17年1月1日
           愛治村━━━━━━━━━━━┫      ┃   ┃合併
           泉村 ━━━━━━━━━━━┫      ┃   ┣━鬼北町
           三島村━━━━━━━━━━━┛      ┃   ┃
                           三間町━━┻━あ ┃
                           日吉村━━━━━━┛

あ – 平成17年8月1日宇和島市と合併
(注記)近永町以下の合併前、及び日吉村の合併以前の系譜はそれぞれの記事を参照のこと。

地域[編集]

明治の合併前の村である9箇村がそのまま大字となり、広見町,さらに鬼北町になってからも続き現在に至る。(例 鬼北町大字東仲)なお、1958年(昭和33年)に大字是延は三間町に区域変更した。

行政[編集]

役場 
大字成藤に置かれていた。

産業[編集]

農業
米、麦、、栗などを産する。養蚕も営まれている。

交通[編集]

民俗[編集]

名所[編集]

  • 大本神社境内の

関連項目[編集]