女カ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

150 Nuwa
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(女族?)
発見
発見日 1875年10月18日
発見者 J・C・ワトソン
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.980 AU
近日点距離 (q) 2.591 AU
遠日点距離 (Q) 3.368 AU
離心率 (e) 0.130
公転周期 (P) 5.14 年
軌道傾斜角 (i) 2.194°
近日点引数 (ω) 151.80°
昇交点黄経 (Ω) 206.49°
平均近点角 (M) 207.23°
物理的性質
直径 151.13 km
自転周期 8.140 時間
スペクトル分類 CX / Cb
絶対等級 (H) 8.23
アルベド(反射能) 0.0395
色指数 (B-V) 0.706
色指数 (U-B) 0.275
Template (ノート 解説) ■Project

(150 Nuwa) は、小惑星帯に位置する大きなC型小惑星の一つ。古在由秀は小規模な小惑星族を代表する小惑星としている。

1875年10月18日にアメリカ合衆国天文学者、ジェームズ・クレイグ・ワトソンにより発見され、中国の創造の女神、(Nüwa、じょか)にちなんで命名された。

1999年12月17日に掩蔽が観測された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
メドゥーサ (小惑星)
小惑星
女カ (小惑星)
次の小惑星:
アブンダンティア (小惑星)