天辰正守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天辰正守

天辰 正守(あまたつ まさもり、1886年明治19年)8月19日[1]1963年昭和38年)8月2日[2])は、衆議院議員立憲政友会)。弁護士

経歴[編集]

鹿児島県出身。1917年大正6年)、京都帝国大学法科大学独法科を卒業。福岡地方裁判所所属の弁護士となった。その後、判事となり、那覇地方裁判所判事、鹿児島地方裁判所判事、熊本地方裁判所判事を歴任した。1923年(大正12年)に退官し、衆議院嘱託として欧米各地を視察した。翌年に帰国し、再び弁護士を開業した。1927年(昭和2年)、鹿児島県会議員に選ばれ、参事会員にも選出された。

1932年(昭和7年)、第18回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1936年(昭和11年)にも補欠当選を果たした。

その他、第一産業無尽株式会社社長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第61回帝国議会衆議院議員名簿』、1932年。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年