天祐紹杲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天祐紹杲(てんゆう しょうこう、天正14年(1586年) - 寛文6年9月21日1666年10月19日))は、江戸初期の臨済宗大徳寺住持

略歴[編集]

近江国出身で美濃部(本姓は菅原氏)氏の出自と伝わる。天祐は道号、紹杲は諱、別号に夢伴子・実夢叟などがある[1]万江宗程に師事し、寛永2年6月18日(1625年7月22日)大徳寺169世住職となった[1]。仏海祖燈禅師の号を後水尾天皇より賜った。のち大和宇多に長泉山徳源寺(織田信雄菩提寺)を開山し、寛文6年9月21日(1666年10月19日)に入寂した[1]

大徳寺では梅厳院、大徳寺南庭を作庭したとされ墨跡としても名を残し、森鴎外細川藩で起きた悲劇を描いた小説『阿部一族』の中に登場する人物として知られている[2]。また、大徳寺154世住持である沢庵宗彭と親しかったと伝えられる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「近江人物志」 P346「紹杲」の項(滋賀県教育会編 文泉堂 1917年)
  2. ^ (有)西村美術. “西村美術人名辞典 - 墨跡 - 天祐紹杲”. 2013年7月22日閲覧。
  3. ^ 「古田紹欽著作集 第5巻近世の禅者」(古田紹欽著 講談社 1981年)